響灘海面処分場見学に行ってきました(9/27)


H20年度卒業生の下屋敷さんのご尽力で9/27に海面処分場の見学に行ってきました。
陸上処分場とは異なり、海水中に建設するため、海域への漏水への対策が非常にシビアなのが
海面処分場の特徴の一つです。


ここでは、止水壁として利用される矢板、
石炭灰を利用して作ったコンクリート(セメントモルタル)による
止水状況を説明してもらいました。



また現在埋立中の現場を見学することもできました。


別件では、太陽エネルギーのりようということで、広大なソーラーパネルを見せていただきました。
火力水力と比較して、全体量は落ちますが、今後、更なるクリーンなエネルギー開発を目指しているそうです。


その他の写真です