セミナーを進行司会する椋木先生                              壇上で発表する次郎丸 


学生セッション発表者集合写真


・2010年11月18日〜19日:『第一回国際ワークショップX-Ray CT Visualization for Socio-Cultual, Engineering and                  Environmental Material, IWX 2010』

 11/18-19に,X-Earthセンター主催で、椋木先生が幹事長を務められた『第一回国際ワークショップX-Ray CT Visualization for Socio-Cultual, Engineering and Environmental Material, IWX 2010』が開催されました.
  海外からは,ベルギー,フランス,カナダ,チェコ,トルコ,マレーシア,インドネシア,ベトナムからの参加があり,国内では,客員教授グループとして,JOGMEC,産総研(AIST),港湾航空研究所(PARI),徳島大学、またゲストとしては,筑波大学,京都大学,JAMSTECなど多岐に渡るグループが参加し,X線CTに関する世界最先端の情報交流が熊本大学工学部百周年記念館で開催されました.
 このワークショップの最終セッションでは学生セッションが企画され,そこに椋木研から次郎丸がエントリーしました.当日を迎えるまでなんども椋木先生にダメだしされ,凹み,挫けそうにもなりましたが,当日の発表そのものは,一番いい出来であったと,研究室一同が感じていました.Presentation Awardは逃しましたが,やはり発表賞は,総合評価であり,発表のみならず,質疑も十分に対応できないとダメだと思いました.最近,椋木研からは優秀発表賞が出ていないので,次年度は,如何にうまく発表するかだけではなく,やはり,中身も十分に理解しきった,ゆったりとした発表ができるよう精進していきたいと思います.

・関係者様
セミナーの写真です (関係者のみ)

Copyright(C) 熊本大学 環境地盤工学研究室 All rights reserved