研究室紹介



                 ◆B4へのメッセージ◆
  

椋木研究室では、次のような人になれるように日々、努力しています。

1.自分で問題を見つけ、解決することができる人
2.携わったことには責任を持ち、協力者たちと調和できる人
3.相手に応じて、臨機応変に説明できるコミュニケーション能力がある人


椋木研に入ってよかったこと

・発表や研究でコミュニケーション能力と自己解決能力がついた
・前よりも勉強に真剣に取り組むようになった
・多くの海外経験を積むことができた
・はじめの頃は色々と怒られていたが、いつの間にか自主的、かつ計画的に物事を進めていく癖がついた

椋木研究室の雰囲気
・メリハリの利いた雰囲気が漂っている。
・一人一人が自分の研究にまっしぐら。

勉強や研究以外にも社会経験などたくさんのことが学べ、学内外問わず発表があれば全員で発表練習を行ったり、勉強合宿に行くなど積極的で学生主体の研究室です。


◆就職先◆


就職

・開発設計コンサルタント
・構造計画研究所
・前田建設工業
・リテックエンジニアリング
・JOGMEC
・早川ゴム
・神栄株式会社


・大成建設
・東京都庁
・長崎県庁
・熊本県庁
・大東建託
・NIPPO
・斎久工業
進学

・大阪大学経済学部
・熊本大学医学教育部
・熊本大学大学院


◆研究紹介◆

  
椋木研は現在このような研究を行っています。
・NAPLによる地盤汚染・浄化研究グループ


LBMという数値解析手法を用いて、地盤の孔隙内でのLNAPL(低比重難水溶性液体)の動きを把握することを目標としています。
・廃棄物処分場を対象とした遮水バリアの漏水・ミズミチ研究グループ


ジオシンセティッククレイライナー(GCL)という、廃棄物処分場の遮水ライナーに使用される遮水材の評価に関する研究などを模型実験と数値解析の手法を用いて行っています。

・画像解析グループ
・廃棄物処分場を対象としたバイオグラウト法の適用による関する基礎研究グループ
・豪雨時に伴う河川堤防の破壊メカニズムの解明研究グループ
・医工連携に基づく虚血性心疾患を対象とした血流解析に関する研究グループ

以上のグループに分かれ、研究を行っています。
新B4のやる気しだいではその他の研究が復活したり、
まったく新しい研究を始めることもできます
。(要相談)
Copyright(C) 熊本大学 環境地盤工学研究室 All rights reserved