震源からの距離による加速度の減衰を表した図です。近いところは熊本県内で
    遠くは愛媛県まで含んでいます。
遠くになる程、加速度が小さくなります。
    回帰線(破線)は、TI関連の「重回帰分析」を用いた。