5×5フイルタ
エッジ保存平滑化
原画像
局所単純平滑化
X線CT撮影原画像
5×5の局所領域で単純にスムージングを施したもの。
5×5の領域で期待値(平均値)を求め、再度3×3で9個の標準偏差を求めて最小値を処理したもの。
5×5に比べ濃度の境界がハッキリしている。 (edgekeep
11×11の局所領域で単純にスムージングを行ったもの。 ぼかしの効果がある。 (imgout
標準偏差画像
局所単純平滑化処理を施した後、CT値の Window Lebel=3 , Window Width=2 と設定したものである。 画像の黒の部分は、標準偏差が3未満の領域であり、白の部分は3以上の領域である。