【PSSC2013 in シンガポール】

 

 2013年10月08日~11日

 

シンガポールで開催されたPacific Structural Steel Conference 2013に参加してきました!

本研究室からは,山尾教授と葛西准教授,Lilyaさん,井上,遠藤がシンガポールの地に足を踏み入れました.

 



10月7日の夜に熊本を出発し,8日の朝にシンガポールに着きました.

8日は時間があったので,シンガポールを観光しました.

マリーナ・ベイに来ました!あの後ろ姿は...

マーライオン!!後ろにはベビーマーライオンも.

マーライオンもよかったのですが,橋も気になってしまうのが構力研.

左から,エスプラネード橋,アンダーソン橋,へリックス橋

夜は,シンガポールで働かれている山尾研OBの王さんにごちそうになりました.ありがとうございました!

ライトアップがとてもきれいでした.

 

2日目は会場の下見を行い,Keynote Lectureに参加しました.

Conferenceはセントーサ島というリゾート地にあるコンベンションセンターで開催されました.

大きなマーライオンが居たり,ユニバーサルがあったり...決して遊んではいません.

 

 

3,4日目です.とうとう発表の日がやってきました.

井上,遠藤は初めての国際学会ということで,原稿を片手に終始緊張した発表でした.

質疑の時間帯には,今までに経験したことのないような量の冷や汗をかきました.

山尾教授とLilyaさんはさすがで,自分たちも流暢な英語での発表及び質疑対応をできるようになりたいと思いました.

 

自分たちのセッション外の時間には,他のセッションを聞きました.

英語での発表の仕方,今世界で研究されている内容を学ぶことができました.

 


 

今回のPSSC2013への参加は非常に有意義なものでした.

国内の学会では味わえないような雰囲気を経験することができ,見聞を広め少しは成長できたのではないかと思います.

原稿やプレゼン資料を作る際,アドバイスをもらうために留学生の方々と英語で話す機会も多くなり,昔よりは英語を使えるようになったと思います.

しかし,まだまだ鍛錬は必要で,今後も継続して英語を使っていきたいです.

 

最後に,英語の発表の指導をしてくださった先生方お二人と留学生の方々にお礼を申し上げます.

 


(撮影者:遠藤・井上)

(編集:井上)