研究室概要

主な研究内容

当研究室では,主に地震時に構造物がどのように変化するのか,そして,それは耐えることができるのかどうか,について解明しようと努力しております.

具体的な研究内容については,「研究課題」のページを見てください.

なお,最近は,ジャパンスチールブリッジコンペティション(通称,JSBC,または,ブリコン)にも力を注いでいます.研究の傍ら,橋梁模型を製作し,他大学と競い合っています.

場所

研究スタッフ

当研究室では,山尾敏孝教授・葛西昭准教授による研究を中心として日々,精進しております.

研究室の大きなテーマである橋梁の耐震の中でも,山尾教授は,主に座屈を考慮した耐震設計法の確立や石橋の耐震性や耐久性に関する研究を行っています.また,葛西准教授は,対象を鋼構造物としており,鋼橋の耐震・免震・制震をターゲットとしていろいろな検討を行っています.

この2名の下,社会人ドクターコース学生,大学院生,学部4年生が研究スタッフとなります.

なお,当研究室は,減災型社会システム実践研究教育センターに協力している講座です.

担当授業

学部

社会基盤設計

構造の力学基礎

構造の力学応用

構造工学

社会環境工学実験

大学院

耐震工学特論

鋼構造の終局強度論

耐震制震設計論

構造システム安定論

連絡先

当研究室に研究等のご相談・ご要望のある方は,以下の連絡先にお願いいたします.

山尾 敏孝  教授
住所〒860-8555 熊本市中央区黒髪2-39-1
熊本大学大学院自然科学研究科社会環境工学専攻
電話番号096(342)3533
Fax番号096(342)3507
E-Mailtyamao(at)kumamoto-u.ac.jp
葛西 昭  准教授
住所〒860-8555 熊本市中央区黒髪2-39-1
熊本大学大学院自然科学研究科社会環境工学専攻
電話番号096(342)3579 (現在,災害のため不通となっております)
Fax番号096(342)3507
E-Mailkasai(at)kumamoto-u.ac.jp

なお,本サイトに関するご質問・ご要望等は書面にてお送りください.よろしくお願いいたします.