プロフィール(大森 貴行)

Personal Data

Ohmori Takayuki所属大学院自然科学研究科環境共生工学専攻
博士後期課程2年
研究室葛西研
年齢42
出身県熊本県
研究内容Seismic Performance of Pier-Pile Integral Steel Structure
モットーあるいは座右の銘

何事にも一生懸命

好きな本

大地の子(山崎豊子),サラバ(西加奈子),空飛ぶタイヤ(池井戸潤),竜馬がゆく(司馬遼太郎)

好きな音楽

stand alone

好きな映画

TITANIC, AVATAR, STAR WARS, LOAD OF THE RING, ちはやふる

趣味・特技

読書,映画鑑賞,ピアノ

研究について思うこと

崇高なこと.

そのほか

Research Activities (Journal Papers etc.)

  • 吉塚卓史, 葛西昭, 大森貴行(2016): 2016年熊本地震における大切畑大橋の損傷メカニズム, 第4回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム,pp.17-22.
  • 大城雄希, 葛西昭, 大森貴行(2016): 2016年熊本地震における鈑桁橋の損傷メカニズム, 第4回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム,pp.34-39.
  • 上田智也, 大森貴行, 葛西昭(2016): 2016年熊本地震における鋼斜張橋の損傷メカニズム, 第4回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム,pp.95-100.
  • 一二三諒, 葛西昭, 大森貴行(2016): 熊本地震における扇の坂橋の被害分析, 第4回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム,pp.113-118.
  • Takayuki Omori, Akira Kasai, Rei Kohara(2016): Numerical Study on Seismic Performance of Pier – Pile Integral Steel Structures with Pipe Section, The 11th Pacific Structural Steel Conference, pp.1149-1154.
  • Hitoshi Ozoe, Kiyoshi Ono, Toshiaki Nanazawa, Tetsuya Kohno, Takayuki Ohmori(2016): An Experimental Study on Ultimate Strength and Ductility of Electric Resistance Welded Pipes, The 11th German Japanese Bridge Symposium, pp.159-160.
  • 大森貴行, 塩尻恭士, 大波修二, 岡部成利, 伊藤浩和, 日野伸一(2016): 有明海沿岸道路 筑後川橋と早津江川橋の橋梁デザイン, 橋梁と基礎7月号, pp.17-22.
  • 大森貴行, 石倉昇, 東真靖, 小林淳, 伊藤浩和, 日野伸一(2016): 筑後川橋と早津江川橋の耐震設計~筑後川橋を例として~, 橋梁と基礎7月号, pp.24-29.
  • Takayuki Omori, Noboru Ishikura, Akira Kasai(2016): The Seismic Design of Chikugo River Bridge to Control Resistance Performance, Istanbul Bridge Conference 2016, ID129.
  • 尾添仁志, 小野潔, 七澤利明, 河野哲也, 大森貴行(2016): 径厚比パラメータが小さい電縫鋼管の正負交番載荷試験, 第71回年次学術講演会講演概要集, I-259.
  • 原田健彦,大森貴行,梅林福太郎,尾添仁志,河野哲也(2016): フーチングを有しない多柱式ラーメン構造における地盤の静的水平抵抗特性, 第71回年次学術講演会講演概要集, III-050.
  • 大森貴行, 葛西昭, 小原礼 (2016): 鋼製パイプ断面を有する柱杭一体構造の有効座屈長, 第71回年次学術講演会講演概要集,土木学会,pp.581-582.
  • 小原礼, 葛西昭, 大森貴行 (2016): 柱杭一体構造鋼管の圧縮耐荷力に関する一考察, 第71回年次学術講演会講演概要集,土木学会,pp.931-932.
  • 葛西昭, 大城雄希, 大森貴行, 松永昭吾, 牛塚悠太 (2016): 2016年熊本地震による俵山大橋の被害分析, 第19回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集, 土木学会, pp.185-190.
  • 大森貴行, 葛西昭, 小原礼 (2016): 鋼製パイプ断面を有する柱杭一体構造の有効座屈長に関わる一考察, 平成27年度土木学会西部支部研究発表会発表論文概要集, 土木学会, pp.9-10.
  • 小原礼, 葛西昭, 大森貴行 (2015): 鋼製パイプ断面を有する柱杭一体構造の圧縮強度に関する解析的研究, 第3回KABSEシンポジウム講演概要集, 九州橋梁・構造工学研究会, pp.-.
  • 飯島翔一, 原田健彦, 大森貴行, 尾添仁志, 河野哲也, 七澤利明, 小野潔 (2015): フーチングを有しない多柱式ラーメン構造の耐震性能評価法に関する一考察, 第18回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集, 土木学会, pp.351-356.
  • 大森貴行, 飯島翔一, 河野哲也, 七澤利明, 原田健彦, 尾添仁志 (2015): フーチングを有しない多柱式ラーメン構造の性能検証法「地盤バネの特性」, 第70回年次学術講演会講演概要集Ⅲ-427, 土木学会.
  • Takayuki OMORI, Shuji ONAMI, Noboru ISHIKURA, Atsumi RYUEN, Takuro KONNO, Yuji HOSHINO (2015): The design technique of Chikugo River Bridge which will linger on The JSCE Civil Engineering Heritage site, report, IABSE CONFERENCE NARA, PP.160-161.
  • 梅林福太郎, 大森貴行, 原田健彦, 伊藤雪, 神田恭太郎, 尾添仁志 (2014): 鋼多柱式ラーメン構造の耐震性能検証法に関する研究, 第69回年次学術講演会講演概要集I-397, 土木学会.
  • 金野拓朗, 星野裕司, 千年康秀, 石倉昇, 大波修二, 大森貴行 (2014): 筑後川橋梁詳細設計「景観性と構造性の最適解」(その1鋼アーチ橋編), 第69回年次学術講演会講演概要集, 土木学会, PP.337-338.
  • 大森貴行, 清時義雄, 久賀隆弘, 鎌手路雄, 石倉昇, 大波修二 (2014): 筑後川橋梁詳細設計 土木遺産(デ・レイケ導流堤)に配慮した橋脚(橋梁)のデザイン, 第69回年次学術講演会講演概要集, 土木学会, PP.77-78.
  • 大森貴行, 清時義雄, 田中健二朗, 石倉昇, 元山寿, 塩尻恭士 (2013): 土木遺産に絡む「筑後川橋梁の橋梁計画」と「地域との合意形成」, 第68回年次学術講演会講演概要集, 土木学会, PP.101-102.
  • 元山寿, 塩尻恭士, 石倉昇, 大森貴行, 清時義雄, 田中健二朗 (2013): 筑後川・早津江川橋梁における橋種選定プロセスの提案, 第68回年次学術講演会講演概要集, 土木学会, PP.9-10.