研究内容 
  水は私たちが生きていく上で不可欠なものです。しかも、水は”ただ有ればよい”のではなく、その”質”がよくなければ飲むことはできません。水質環境学研究室では、かけがえのない水の質、すなわち水質を守り、維持し、そして改善するための様々な研究を行っています。

嫌気性アンモニウム酸化細菌の窒素除去技術への応用に関する研究

 嫌気性アンモニウム酸化(Anammox)細菌は、ごく最近発見された特殊な能力を持つ細菌です。私たちの研究室では、淡水性Anammox細菌や海水性Anammox細菌など、様々なAnammox細菌の適用による優れた窒素除去技術の確立に関する研究を行っています。

MBRの水処理技術への応用に関する研究

 メンブレンバイオリアクタ(MBR)は、微生物によって浄化された水を非常に細かい穴を有する膜(メンブレン)でろ過・分離することにより、沈殿法では得られないような高い水質の処理水を得ることができます。研究室ではMBRの応用による新しい水処理方法の確立に関する研究を行っています。
             

硝酸性窒素をはじめとする地下水汚染とその対策に関する研究

 熊本市周辺では、飲料水のほとんどを地下水でまかなっています。地下水は、世界的な水資源としてその重要性が増している一方で、硝酸性窒素をはじめとする地下水汚染が懸念されています。地下水の汚染実態を明らかにするとともにその対策に関する研究を進めています。

絶滅危惧種スイゼンジノリ(Aphanothece sacrum)の復活に向けた水質環境学的研究

 特別天然記念物であるスイゼンジノリは,いまや絶滅危惧種(環境省レッドデータデータIA種)に指定され,発生地とされる熊本市の江津湖ではすでに絶滅,県内でも嘉島町をはじめとするわずかの場所で細々と栽培されるまでになっています。一方,スイゼンジノリの生育に関する学術的知見は少なく,何故これほどまでにその数が減ったのか,いまだよく分からない点も多いと考えます。珍味であり,最近ではスイゼンジノリの抽出される強力な保湿成分であるサクランが取れることから(こちらの研究は盛んです),水質環境学研究室を名乗る我々としても遅ればせながら,スイゼンジノリの復活?に向けた研究をはじめました。とはいえ,まずは,スイゼンジノリを知ろう!ということで,嘉島町にお邪魔したり,”川茸”という名前で知られている福岡県甘木の黄金川まで見学に行ったり,というところから調査をはじめています。