メンバー紹介 

川越保徳 教授
  大学、大学院時代は、難分解性水溶性高分子ポリビニルアルコール(PVA)の微生物分解や分解酵素に関する研究、会社時代は医薬品としての活性酸素の不均化酵素であるスーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)に関する研究、大阪市時代は廃棄物処分場浸出水についてビスフェノールなど環境ホルモンやその他微量有害化学物質の挙動やバイオアッセイによる毒性評価に関する研究、さらに米国時代には地下水中の硝酸・過塩素酸の微生物除去と関与微生物叢の解析など、様々な研究に携わってきました。 長い間、「環境」と「(微)生物」のキーワードで研究に関わってきました。 小学2年生の時、先生から聞いた公害の話、特に水俣病とイタイイタイ病に強烈なショックを受け、高校生の時に知った、DNAを介した遺伝の仕組みや遺伝子工学によるインターフェロンの開発などが、このような道に進むきっかけです。
 熊本大学でも、自然界が持つ環境浄化能力、すなわち微生物の力を借りた水質浄化に関する研究を進めるかたわら、熊本が持つ大切な宝の一つである地下水の水質を守るための研究をライフワークと考えています。
博士3年 韋 巧艶 Anammox
博士2年 黄 暁武 部分亜硝酸化Anammox
博士2年 洪 念 地下水
博士1年 Loung Van Dug Anammox
修士2年 孫 凱航 部分亜硝酸化Anammox
修士2年 山下 祐貴 Anammox
修士1年 古賀 祐宜 Anammox
修士1年 末永 雄一 地下水
学士4年 大谷 昌嗣 Anammox
学士4年 古賀 圭記 MBR
学士4年 村上 貴人 スイゼンジノリ