研究室の紹介 研究プロジェクト講義研究室情報メンバーフォトギャラリー地図リンク

3U-EWS

修士論文一覧 List of Master's Theses (1998~)

 溝上教授論文一覧      博士論文一覧     卒業論文一覧

リンクのアイコンをクリックすると要約もしくは修士論文概論(PDF)が開きます。

修了年度 著 者 タイトル リンク
2016 川口 充洋

中心市街地の床利用状況と空き床分布に関する2時点パネル分析

2-POINT PANEL ANALYSIS ON FLOOR UTILIZATION STATEAD FREE FLOOR DISTRIBUTION IN DOWNTOWN
要約
概論
  河口 麻祐

バス輸送に対するインセンティブ補助の継続判定

CONTINUE DETERMINATION OF INCENTIVE SUBSIDY SCHEME FOR BUS TRANSPORT

概論
2015 穴井 美紗

生活質と都市特性評価に対する身体活動量指標の適用可能性に関する研究

Study on the applicability of physical activity indicator for evaluating quality of life and urban characteristics
要約
概論
  中村 謙太

MEVによるカーシェアリングシステムの導入可能性に関するシミュレーション分析

SIMULATION MODEL FOR INTRODUCTION OF ONE-WAY MICRO ELECTRIC VEHICLE SHARING SCHEME
要約
概論
2014 一本 将吾

活動のための移動コストを考慮したアクセシビリティ指標による交通政策評価

TRANSPORT POLICY EVALUATION BY ACCESSIBILITY INDEX CONSIDERING COST FOR TRAVEL AND ACTIVITES
要約
概論
  緒方 一真

コミュニティバスの需要予測手法と導入・維持に関する契約方式

Contract Method for the Introduction and Maintenance and Demand Prediction Method of Community Bus
要約
  松本 健志

駐輪場選択行動の分析と熊本市における駐輪政策の評価に関する研究

AN ANALYTICAL STUDY ON BEHAVIOUR OF BICYCLE USERS AND EVALUATION ON THE BICYCLE PARKING PRICE POLICY IN KUMAMOTO CITY CEMTER
要約
2013 相川 航平

コンパクトシティ形成のための移転,および交通施策のモデル分析

A Scenerio Based Analysis on Residential Allocation and Transportation Policis for Achieving Compact City
要約
2012 梶原 康至

繰り返しゲームを用いたバストリガー契約の解釈とトリガー契約成立条件

An Evaluation Method of Compact City based on Individual Energy Consumption Behavior
要約
概論
2011 高 雅琴

GPSを用いたパーソナルモビリティの走行軌跡データの利用可能性-熊本市レンタサイクル実験データを用いて-

A Comparative Study on Regulatory Reform and Service Contracts in Public Transport
要約
概論
  古賀 雄也

モビリティの質の視点から見た合志市地域公共交通連携計画の評価

Policy Analysis on Equity of transportation Mobility using QOM Index
要約
概論
  村野 祐太郎

需要変動を内生化した地域公共交通に対するインセンティブ補助の理論とその適用

Impact of transport Infrastructure Investment on Interregional Economic Activity & Regional Welfare: SAM-Based General Equilibrium Approach
要約
概論
2010 津田 圭介

熊本都市圏におけるバス路線網再編案へのQoM評価の試み

Empirical Studies on the Validity of traveler Information: Information on transportation by means of Expressway Toll and Public transit Information
要約
概論
  山口 秀晃

社会的相互作用を考慮したバス需要関数とバストリガー制の成立条件に関する考察

A study on a demand model with social interactions for condition of bus-trigger system
要約

2009

平野 俊彦

熊本市圏のバス路線網再編と運行スキームの制度設計

Stated choice valuation of non-market environmental goods: Considering complex decisions and heterogeneity
要約
概論
  吉住 弥華

中心市街地における空間構成と歩行者回遊行動の分析プラットフォーム

Analysis platform of the spatial structure and pedestrian movement in Kumamoto city center
要約
概論
  村上 梨沙

都市のコンパクト性に影響を与える都市構造と交通サービス

Analysis of relationship between urban structure, traffic service and city compact level
要約
概論
2008 宮本 裕崇

まちなか居住の実態と選好意識に関する調査分析

A Study on the Actual Condition and Consciousness of Habitation in City Center
要約
概論
  本田 竜

街路網評価に対するSS理論の適用可能性に関する2,3の考察

Some Examinations of the Applicability of Space-Syntax Theory to Network Evaluation
要約
  江川 太一

中心市街地における低・未利用地の有効利活用方策の政策評価 

Policy Evaluation on the Effective Use of the Open-air Parking in the Central Area of Kumamoto City
要約
  神谷 翔

Capability Approachによるモビリティ水準評価手法の合志市への適用 

A Practical Study on Applicability of QOM Index to Mobility Evaluation
要約
概論
  末成 浩嗣

熊本電鉄沿線地域における熊電利用促進を目的としたMM施策の効果の実証分析 

A Practical Study on the Effectiveness of Travel Feedback Program for Railway Use Promotion
要約
概論
2007 畑野 いくえ

まちなか居住を促進する居住環境整備方策に関する調査研究

A study on Residential Environmental Development to Promote Migration to Down-town Area
要約
2006 中山 直智

大型店立地による交通面への影響の事後評価分析

After-fact Evaluation of Influence on the Traffic by Large-scale Shop Settlement
 
  橋内 次郎

LRT化後の熊本電鉄利用需要予測のためのBI法の適用可能性

Applicability of Behavioral Intention Method to Demand Forecasting of Kumamoto-Dentetsu Railway LRT Plan
 
  平田 一輝

効果的なモビリティ・マネジメント実施のためのマーケットセグメンテーション

Segmentation for Effective Mobility Management Execution
 
  山田 健太

モビリティ水準とエネルギー消費量とのトレードオフを考慮した都市交通施策

Urbantransportation Policy Considering Trade-off Between Level of Mobility and Transportation Energy Consumption
 
2005 古賀 礎州

世帯構成員間の相互関係を考慮した交通手段選択モデル

Model Split Choice Model with Inter-agency Interaction
 
  森崎 修一郎

都心部における無人時間貸し平面駐車場の有効利活用方策に関する調査

Investigation on the Effective Useful Policies of the Open-air Parking in the Central of City
 
2004 馬場 拓也

VICS装着率に依存する所要時間情報の信頼性を考慮した道路交通情報システムの評価法

An Evaluation Method of Vehicle Information & Communication Systems Considering a Reliance of Travel Time Information Depending on the Number of Uplink
 
  藤原 大

中心市街地における低未利用地の有効利用方策に関する調査・研究 -無人時間貸し平面駐車場の実態と地権者の利用意向-

Investigation on the Effective Useful Policies of the Idle Lands in the Central Area of City - The Actual Condition of Open?air Parking Lots and the Use Intention of the Landowners -
 
2003 奥野 潤

時間帯別交通量配分と交通流シミュレーションを結合した交通流動の動学的ミクロ分析法

A Combined Model with Macroscopic and Microscopic Approaches for Micro-dynamic Traffic Flow Analysis
 
  糸瀬 基記

途上国における多地域SAMをデータとしたSCGEモデル

Application of SCGE Model Using Multi-regional SAM in Developing Country

 
2002 赤鉾 孝紀

離散型手段選択モデルとDuration modelを用いたP&R手段選択行動の動学分析

Dynamic Analysis of P&R Demand Using Dispersed Type Selection Method and Duration Model

 
  竹隈 史明

観測交通量を用いた構成モデル未知パラメータの逆推計-[MUSE/VICS-Demand]モデルの未知パラメータへの適用-

Inverse-Estimation of the Unknown Parameter Include the Composition Model Using Observed Traffic-Application to Estimation of the Unknown Parameter in [MUSE/VICS -Demand] Model-
 
  土田 直樹

熊本都市圏におけるバス路線別特性評価と再編計画手法の提案

Characteristic Evaluation by Bus Line and Method of Reorganization Plan on Kumamoto Urban Area
 
2001 林田 祐一

プローブカーデータとGISを用いた選択経路特性値の作成

Route Properties Calculating System by GIS
 
  日高 輝

ネットワーク分析を用いたVICS交通情報提供の便益評価

An Evaluation Method of VICS benefit by a Network Equilibrium Analysis
 
2000 泉 正勝

観光による地域経済インパクトの計測方法に関する研究

Economic Impact on Tourism in Amakusa-Shimabara Area
 
  本田 秀太

交通ネットワーク分析手法による交通情報の利用率予測と社会的便益評価

An Evaluation Method of Traffic Information Systems by Multiple User Stochastic Equilibrium Model
 
  牧野 慈

Mixed Modeネットワーク均衡モデルによるP&Rシステムの需要予測手法の熊本都市圏への適用

Demand Predicting System for P&R Systems with NLSUE/Mixed-Mode Model and Application to Kumamoto City Transportation Network
 
  吉田 貴博

P&R需要予測へのCross-Nested Logit モデルの適用可能性

Application of Cross-Nested Logit Model to Park and Ride System Demand Forecasting
 
1998 亀山 正博

観光地魅力度と周遊行動を考慮した観光交通需要の予測システム

An Estimate System of the Sightseeing Traffic Demand to Have Considered the Sightseeing Area Attraction and Excursion Behavior
 
  河内 誠

Mixed-Modeネットワーク均衡モデルによるP&Rシステムの需要予測

Demand Predicting for Park and Ride System with Mixed-Mode Network Equipment Model
 
  首藤 成次郎

P&Rシステムの需要予測のための調査及びモデル構築法

A Study on Survey and Model for Park and Ride System Demand Forecasting
 
  柴木 雅也

情報提供下での経路選択規範の構成プロセスに関する研究

The Study about the Composition Process of the Route Choice Model under the Provision Information
 
  竹林 秀基

情報提供下での経路選択規範の構成プロセスに関する研究

The Study about the Composition Process of the Route Choice Model under the Provision Information
 
  姫野 大輔

環境質の価値評価のための各種経済的評価手法の適用可能性に関する一考察

An Evaluation Method of traffic information systems by Multiple User Stochastic Equilibrium Model
 

 溝上教授論文一覧

 博士論文一覧

 卒業論文一覧