ホーム 出前授業のご案内 地図・連絡先 リンク サイトマップ

熊本大学 工学部 社会環境工学科 / 大学院 社会環境工学専攻

学科案内入学情報進路情報教育と学生支援教員と研究グループ

トピックス

受賞報告

第31回コンクリート工学講演会において前田誠司君(重石研究室)が年次論文奨励賞を受賞しました。

平成21年7月8日から10日にかけて、札幌コンベンションセンターにて行われました社団法人日本コンクリート工学協会年次大会2009(札幌)第31回コンクリート工学講演会におきまして環境共生工学専攻3年の前田誠司(重石研究室)が年次論文奨励賞を受賞しました。年次論文奨励賞は、若手研究者より論文および講演の内容が優れたものから選ばれるもので、今回は全投稿数600件あまりの論文・報告から68件が選ばれました。

論文題目は、「パルスパワー放電法における電極位置が骨材再生時の消費エネルギーに及ぼす影響」で、 これは重石研究室と電気情報電気電子工学専攻の浪平研究室とで共同で実施している研究プロジェクトのひとつであり、パルスパワー放電技術を応用して、産業廃棄物である廃コンクリート塊から、骨材を分離回収し、循環利用する研究です。
昨年も、本研究プロジェクトのメンバーが論文奨励賞を受賞しており、今回の受賞と合わせて、これまでの卒業生や研究メンバーによるチームとしての研究活動とその成果の積み重ねが評価されています。
また、この研究プロジェクトはCOE、およびグローバルCOEプログラムによる世界最先端の技術研究の一つとして行われているものです。

コンクリート工学協会年次大会2009(札幌)
http://www.jci-net.jp/rally/2009/

社団法人コンクリート工学協会
http://www.jci-net.or.jp/

熊本大学グローバルCOEプログラム - 衝撃エネルギー工学グローバル先導拠点 -
http://ppe.coe.kumamoto-u.ac.jp/

090809.jpg



« 麻植助教が日本情報地質学会論文賞を受賞しました.
メイン
第1回熊本大学X-Earthセンター市民向け講演会を開催しました »