ホーム 出前授業のご案内 地図・連絡先 リンク サイトマップ

熊本大学 工学部 社会環境工学科 / 大学院 社会環境工学専攻

学科案内入学情報進路情報教育と学生支援教員と研究グループ

トピックス

講義・学科イベント

3年生と留学生が砂原四方寄線2号トンネル新設工事を見学

講義「地下空間工学」を受講している3年生と大学院の留学生が砂原四方寄線2号トンネル新設工事(熊本市西区花園、発注者:熊本市)を見学しました。トンネルは火成岩第四紀層を貫く全長1563mのトンネルで、NATMが採用され、ロードヘッダーによる機械掘削です。現場事務所で工事の概要説明の後、現場へ。坑口から約350mの切羽まで徒歩で移動しながら、吹付コンクリート用の建設機械、ロックボルト孔の穿孔、支保工の建付用の建設機械を見ながら切羽に到達し、ロードヘッダー掘削の状況を見ながら説明を受けました。また、見学後は事務所で質疑応答の時間を取っていただきました。大学の講義で習った施工方法を実際に経験することができたことは、学生にとって貴重な経験であったと思います。
 お忙しい中、大勢の学生の見学を受け入れてくださいました熊本市都市建設局に感謝するとともに、当日説明していただいた熊本市都市建設局の鎌田憲治主任技師(熊大H11年卒)、佐藤工業鰍フ川ア真史所長、留学生に英語で説明していただいた佐藤工業鰍フ栃原豊秋部長(熊大S54卒)をはじめ現場の皆様に感謝いたします。
  見学日: 2016年1月15(金) 10:00〜11:30
  見学者: 3年生28名、 留学生7名、教員2名(尾原、佐藤)
201601_1.jpg
201601_2.jpg
201601_3.jpg
201601_4.jpg
201601_5.jpg
201601_6.jpg



« 尾原祐三教授が経済産業大臣表彰されました
メイン
平成27年度卒専攻式・卒科式(学位記授与式)が開催されました »