ホーム 出前授業のご案内 地図・連絡先 リンク サイトマップ

熊本大学 工学部 社会環境工学科 / 大学院 社会環境工学専攻

学科案内入学情報進路情報教育と学生支援教員と研究グループ

トピックス

講義・学科イベント

秋吉教授の最終講義が行われました

photo3月5日(金)15:00から17:00まで、秋吉教授の最終講義が工学部2号館223教室で開催された。前日からの強風にもかかわらず学内外から60数名参加者があり、予定時間をオーバーしたほど熱のこもった講義であった。

さて講義の内容は、まず耐震工学の研究を始められたきっかけが3年生の学生実習であったことや、京都大学の助手になって間もなく新潟地震に遭遇し、猛勉強を強いられたことなどのエピソードが紹介された。

photoまた理論解析をするために相当な時間をかけたが、その分だけ完全にマスターすることができ、その後の研究を発展させていく上で大いに役立ったことなどの苦労話から始まり、耐震工学の現状は、人・知識とも十分であり、国際貢献の必要性や耐震設計法の将来展望まで言及され、大変貴重かつ有意義なものであった。

photo一番記憶に残った言葉は、若いときのこだわりと集中こそが、他の追随を許さないステータスを生み出すことであり、遅ればせながらも肝に銘じた次第である。

講義終了後、場所をくすの木会館に移して懇親会を開催した。ここでは、講義で訊けなかった思い出や卒業生との昔話で大いに盛り上がった。秋吉先生、33年間本当にお疲れ様でした。

秋吉教授の研究室はこちら



« 平成15年度 修士論文の発表会・論文提出完了
メイン
小林教授が座長を務めた白川市街部景観・親水検討会が整備計画を決定しました »