ホーム 出前授業のご案内 地図・連絡先 リンク サイトマップ

熊本大学 工学部 社会環境工学科 / 大学院 社会環境工学専攻

学科案内入学情報進路情報教育と学生支援教員と研究グループ

トピックス

講義・学科イベント

吉林化工学院・高 維平院長を代表とする代表団が社会環境工学科を訪問

5月7日、吉林化工学院・高維平院長を代表とする訪問団4人(高維平院長、路大勇教授、趙紅梅・国際交流部部長、金虎副教授)が社会環境工学科を公式訪問されました。

小池学科長、山田副学科長、古川教授と今後の両校間の学術・学生交流について意見を交換しました。金虎副教授は、平成17年に熊本大学から博士の学位を取得し、母校である吉林化工学院環境工程系の副教授として活躍中です。現在、吉林化工学院から4人の学生が熊本大学に留学していますが、そのうちの一人(陳成君)が古川研究室の修士課程2年に所属しています。今後、社会環境工学科と吉林化工学院との学術・学生交流が益々活発になることが期待されます。

100510.JPG



« 中国の東北大学機械工程及自動化学院代表団5人が社会環境工学科を訪問されました。
メイン
九州地盤工学会において椋木研M2の唐崎陽司君が平成21年度優良学生賞を受賞しました »