ホーム 出前授業のご案内 地図・連絡先 リンク サイトマップ

熊本大学 工学部 社会環境工学科 / 大学院 社会環境工学専攻

学科案内入学情報進路情報教育と学生支援教員と研究グループ

トピックス

受賞報告

第一回土木計画学公共政策デザインコンペで「黒川賞」を受賞

photo去る6月9日に,東北大学で開かれた第33回土木計画学研究発表会の期間中に、第1回公共政策デザインコンペ「地域まちづくりデザイン」の審査が実施されました。このコンペのテーマは,地域の活性化を促すような都市や、人々が心豊かに暮らせるような都市など、持続可能性・公共性の高い、新しい都市のありかたを提案するものでした。


そこで,工学部まちなか工房と本学科の森崎修一郎君(当時大学院生2年生)、岡本欣久君(当時4年生)、黒仁田英之(当時4年生)による調査研究「中心市街地の時間貸し平面駐車場の有効利活用のための方策と支援策の提案」をポスターにして応募しました。

photo近年、地方都市の都心部では低・未利用地が増加しており、様々な都市サービス機能の低下を生じさせています。その結果として都心部への訪問者が減少し、それが低・未利用地を生むという悪循環が生じています。この提案は,低・未利用地として都心部の無人時間貸し平面駐車場に着目して、駐車場の利用者と地権者にそれぞれアンケート調査を実施し、行政が取るべき低・未利用地の有効利活用方策を検討したものです。



審査の結果,本提案は「黒川賞」という栄誉ある賞を受賞しました.受賞の理由は、

・提案内容が地域の文脈を十分配慮している
・公共政策にふさわしいビジョンや目標を指し示している

photo・合意形成や資金調達など、政策形成、政策の始動、持続・継続のための方法論や体制、ルール等についての工夫が提案されている
・提案内容に関わりをもつ各ステークホルダーの視点からも考えられている
・既存制度や方法論について問題提起や改善提案がなされている
・本提案に至るプロセスや体制についても工夫がある
というものでした.

今後も,まちづくりに対する実践的な調査研究を行うと同時に,そこから得られる成果に基づいた政策提言を行っていく予定です.



« 社会基盤設計演習「地下水を守る遮水バリア」グループが熊本市廃棄物計画課を訪問しました
メイン
受賞報告:NINEL ALVER 博士 »