ホーム 出前授業のご案内 地図・連絡先 リンク サイトマップ

熊本大学 工学部 社会環境工学科 / 大学院 社会環境工学専攻

学科案内入学情報進路情報教育と学生支援教員と研究グループ

トピックス

教員の活動

大谷・山尾両教授が熊本県地質調査業協会主催技術講演会にて講演

10月19日(金)熊本県立劇場において,社団法人熊本県地質調査業協会主催
「技術講演会」が開かれ,くまもと地域基盤政策研究所の協力により,本学科
の大谷順教授,山尾敏孝教授が講演しました.

大谷先生の演題は「熊本城と地盤工学」.専門の地盤工学の視点から,熊本城
や歴史的構造物の工学的検討,維持・管理に渡る幅広い内容でした.また,講演の
最後には,「清正に学ぶ大学教育カリキュラムの提案」と題し,昨年度学科長であった
経験から,くまもと地域基盤政策研究所における学究と実業とのコラボレーションに
ついてご提案がありました.

otani.jpg

●大谷先生の講演風景

後半部は,山尾先生が「上井手・下井手と鼻ぐり井手の技術と知恵は何処から?」
と題して,現在取り組まれている大津町に存在する土木遺産の保存・活用に関する
研究を発表されました.加藤清正の先見的な計画思想の一部や,現在も地域住民
の生活を支えるインフラストラクチャーの工学的寿命,文化財としての適切な維持・
管理などに関する有益な示唆が含まれていました.

kaijou.jpg

●会場の風景

くまもと地域基盤政策研究所では,このように大学が持つ知識や知的財産を,地域
の基盤づくりや政策に活かせる場を求めています.
HPは,こちらhttp://www.kumaken.or.jp/kibanken/index.html



« 緊急地震速報に関して松田教授のコメントが朝日新聞に掲載されました。
メイン
第32回情報利用技術シンポジウム優秀講演賞受賞報告 »