ホーム 出前授業のご案内 地図・連絡先 リンク サイトマップ

熊本大学 工学部 社会環境工学科 / 大学院 社会環境工学専攻

学科案内入学情報進路情報教育と学生支援教員と研究グループ

トピックス

受賞報告

第43回地盤工学研究発表会および第63回土木学会全国大会での優秀論文発表賞の受賞報告

2008年7月9日−11日にわたって広島国際会議場で開催された第43回地盤工学研究発表会において、
本学科から参加した大谷研究室所属の渡邉陽一君(D1)、熊野直子さん(M2)、椋木研所属の下屋敷覚弘君(M2)が
優秀論文発表賞を受賞しました。
九州地区では10名の受賞者がおり、うち3名が本学科の学生が受賞しました。

また、熊野さんは9月10日−12日に東北大学川内北キャンパスで
開催された第63回土木学会年次学術講演会の第III部門でも優秀発表賞を受賞しており、
下屋敷君も去る6月の資源素材学会北海道支部での発表会で優秀発表賞を受賞しています。
以下に、講演タイトルと著者名を記載します。

第43回地盤工学会全国大会

「X線CTデータに基づく三軸圧縮下における砂のひずみ特性」
著者:渡邉陽一,大谷順,Lenoir Nicolas

「最大粒径の違いによる破損下水道管渠周辺のゆるみ発生機構の評価」
著者:熊野直子 椋木俊文 大谷順

「微生物代謝を利用した浸出水中のカルシウム濃度低減に関する基礎的研究」
著者:下屋敷 覚弘、椋木 俊文、川崎 了

第63回土木学会年次学術講演会 III部門

「破損開口幅の違いによる破損下水管渠周辺地盤の崩壊機構の考察」
著者:熊野直子 椋木俊文 大谷順



« 第10回シェルター学生設計競技で井口直君が最優秀賞を受賞しました
メイン
第二高校スーパーサイエンスハイスクール体験学習開催 »