ホーム 出前授業のご案内 地図・連絡先 リンク サイトマップ

熊本大学 工学部 社会環境工学科 / 大学院 社会環境工学専攻

学科案内入学情報進路情報教育と学生支援教員と研究グループ

トピックス

受賞報告

椋木准教授と永田孝輔君、谷口徳晃氏が2009年度国際ジオシンセティックス学会日本支部論文奨励賞を受賞しました。

椋木研修士2年の永田孝輔君と椋木研卒業生の谷口徳晃氏(現在:前田建設工業)が2009年度 国際ジオシンセティックス学会日本支部 論文奨励賞を受賞しました。

本賞は、2008年度、神戸大学で第23回ジオシンセティックシンポジウムが開催され、そこで発表された論文の中から論文掲載時の著者の年齢が35歳以下の若手研究者に与えられる賞で、2009年度のシンポジウムで表彰されるというものです。今回は2件の論文奨励賞が選出され、その一つに椋木研究室の論文が選ばれました。

タイトル
X線CT法を用いた破損ジオメンブレンからの地盤内漏水可視化実験

本研究は、廃棄物処分場底部の遮水バリアが破損した場合を想定した模型実験を実施し、その様子を本学に設置してある産業用X線CTスキャナを用いて可視化して得られたX線CT画像について議論しています。

091211_1.jpg

091211_2.jpg



« 大谷研究室修士2年の中野貴公君が第44回地盤工学研究発表会優秀論文発表賞を受賞しました。
メイン
Mahmuda PARVINさん,多田隈直幸君,小池教授がBEST PAPER AWARDを受賞しました. »