ホーム 出前授業のご案内 地図・連絡先 リンク サイトマップ

熊本大学 工学部 社会環境工学科 / 大学院 社会環境工学専攻

学科案内入学情報進路情報教育と学生支援教員と研究グループ

トピックス

2011年10月 のバックナンバー

日経BPのHPで本学科のCAD教育について紹介されました

日経BPのHPで,平成17年卒業の山口修平氏(八千代エンジニアリング株式会社)が学生時代のCAD教育についてのインタビューを受けました.

インタビュー記事はこちら
http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/aaa0/112702/

その中で,本学科の年次開講「CAD演習」の授業の様子も紹介されました.

111025_1.jpg
山口修平氏
八千代エンジニヤリング株式会社
技術推進本部 情報技術部
情報技術課 副主任

111025_2.jpg
熊本大学での授業の様子。体験型の授業で実践的な操作方法の習得を目指す。




第4回Engineering Joint Workshop with 山東大学 参加報告 その1

去る10月14日〜15日の両日,当学科の教員3名および学生2名が中国山東省・山東大学を訪れ,山東大学(Shandong University)・土建与水利学院(日本の土木建築工学科に相当)の先生方とともにEngineering Joint Workshopを開催しました。

今回で4回目の開催となるJoint Workshop はこれまで山東大学と熊本大学で交互に開催されてきたもので,熊本大学工学部から教員・学生併せて32名が山東大学を訪問しました。今回はWorkshop 以外にも山東大学110周年記念式典への参加ならびに交流協定等の締結を兼ねての参加となりました。

社会環境工学科からは尾原副工学部長をはじめ,川越教授,佐藤准教授の3名が,また学生代表として本学科M1の山城さん,M2の片岡さんの2名がJoint Workshopで研究内容の発表を行いました。また,山東大学からは4件の発表があり,中国で進められている一大利水プロジェクトである「南水北調(南部の水を北部に輸送)プロジェクト」の概要や,中国におけるリスクマネジメント,あるいは農村部のまちづくりに関する講演を頂きました。日々開発が進む中国の現況に驚きを感じる場面も多くありましたが,お互いの研究成果について活発に意見交換することが出来ました。

訪問した山東大学は今年,建学110年を迎えており,参加者は交流協定校が一同に会しての交流フェアや110周年記念式典へも参加しました。非常に盛大な式典および行事に,現在の中国の勢いを感じずにはいられませんでした。

次年度は同様のWorkshopを熊大にて開催予定です。このような交流を通して,今後ますます両大学の親睦や共同研究などの活動が深まることを期待しております。

なお,「第4回Engineering Joint Workshop with Shandong Univ. 参加報告 その2」では今回学生代表として参加した山城さんの参加報告をアップしました。ぜひこちらもご覧下さい。

文章:佐藤(Workshop参加者代表)


Shandong01-1.jpg
山東大学土建与水利学院の先生方

Shandong01-2.jpg
ワークショップ会場

Shandong01-3.jpg
山東大学110周年記念式典の様子




第4回Engineering Joint Workshop with 山東大学 参加報告 その2

社会環境工学科の学生代表として、今回、山東大学を訪問し第4回Engineering Joint Workshopに参加してきました。以下にその様子を報告します。

(1日目)
済南に向けて出発
 この日は共に旅する仲間と顔合わせして移動だけ。経由地の上海で次の便まで時間があったので、少し上海見学できた。上海は想像以上に都会で、幾多もの超高層ビル郡に圧倒された。また、中国の交通事情には衝撃を受けた。信号は所々しかなく、赤でも渡っていたからだ。ドライバーはクラクションで合図をとりあって安全を確認していたが、慣れない私にとっては、それがとてもうるさく感じられた。一見超大都会に見えるが、そのような交通整備の現状などを見ると、詰めがあまりにも甘い気がした。
この日の夜は雷雨で飛行機が3時間も遅れ、済南に到着したのは夜中の2時すぎだった。

(2日目)
山東大学交流フェア・Engineering Workshop参加
 旅のメインの日。午前中は山東大学の学生ボランティアの方々が学内の考古学資料館を案内してくれた。博物館などは好きな方なので、とても楽しかった。それにボランティアの学生たちが機敏に動いてくれるし、流暢な英語を話すのでとても頼りがいがあり、スムーズに行動することができた。見習わなくてはと思うと同時に少し危機感を覚えた。
 午後からは分科会で、ポスター発表の予定が急遽、口頭発表に。しかし1週間前に東京の学会に出させていただいていたのでそれを発表すればよく、気は楽だった。この分科会で英語のコミュニケーション能力はたいして向上したとは思わないが、外国の方々も自分と同じようなことを研究しているという事実を実感して、なんとなく嬉しい気持ちになり、同時に負けてられないなという何か燃え滾るような気持ちになった。
 夜は懇親会で、山東大学の方々と一緒に飲むことで絆が一層強まった。

(3日目)
孔子の故郷、曲阜を訪ねて
 この日は、先生方とは別行動になり、我々学生は儒教で有名な孔子のふるさと曲阜を案内して頂いた。今は観光地として有名になっているが、建て直されてはいたものの、そこには孔子が教えていた教室や昔の家々が当時の雰囲気のままで残っていて、まるでタイムスリップしたかのような体験ができた。
 一方で観光客を狙う乞食がたくさんいて、ショックを受けると同時に同じ地球に住むものなのに自分はなんて優雅な日々を過ごしているのだろうと、自分の甘さを実感した。日本は本当に貧富の差のない国なのだということがわかった。

 この旅の経験を糧にこれからも日々精進していきたいと思う。


社会環境工学専攻博士前期課程1年 山城建人


Shandong02-1.jpg
上海のリニアモーターカー

Shandong02-2.jpg
クラクションを禁止する標識

Shandong02-3.jpg
指導教員の川越先生とワークショップ会場にて

Shandong02-4.jpg
ワークショップの様子

Shandong02-5.jpg
孔子のふるさと曲阜・孔子の教室





第18回アコースティック・エミッション総合コンファレンスにおいて博士課程2年の川崎佑磨が新進賞を受賞しました

9月26日、27日に非破壊検査協会にて、第18回アコースティック・エミッション総合コンファレンスが開催され、博士課程2年の川崎佑磨が新進賞を受賞しました。

同賞は、協会主催の大会やシンポジウムにおいて発表した、満30歳以下の登壇者の中から選出された優秀な研究発表者に贈呈されるものです。内容を理解してわかりやすく発表したか、質問に適切に回答できたか等を基準に、複数の評価者により採点され、選出されます。

111017_1.jpg

111017_2.jpg




工学部運動会開催 − 社会環境工学科学生も大いに健闘

10月9日(日)に平成23年度の工学部運動会が開催されました.非常によい天候に恵まれ,朝から夕方にかけて各種目を学科対抗で競い合いました.

綱引きや学科対抗リレーなど,多くの種目で数々のドラマがあり,大変,楽しい
大会となりました.

社会環境工学科学生は,昨年度の優勝チームということも関係があったのか,当
初より優勝に向けてデットヒートを繰り広げました.最終的には,結果及ばずの
3位ではありましたが,その差は僅差であり,来年度に期待したいところです.

結果もさることながら,日頃勉学にいそしむ学生が,運動を通じて強調し合うと
ころは非常に貴重な経験になったであろうと思われます.来年度にはますます多
くの学生が参加し,この経験を分かち合っていただきたいと願っております.

111009_2.JPG

111009_1.JPG





« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »